投稿

早いもので一ヶ月以上

はつおい歯科室べいちょーです。 こちらのブログを放置して、はや一ヶ月強(笑)本サイトのブログもなかなか止まっております。 本サイトのブログをスタッフに任せ、私はここで独り言を書くのが将来的な願望です。 この一ヶ月、なかなか大変でした。色々とあり、相談する相手もおらず、悩みの中でも手を打ち、不安に飲まれます。「経営者は孤独」と様々な方々がおっしゃっていますが、本当に。 しばらく思い悩んでいましたが、一方では新しく始めたことが想定の数倍反響があり、じゃあなんで?とまた思い悩んだり。浮き沈みを繰り返しています。 しかし、私の感覚では、私の求めていることは間違いではないし、私の目指すものは私だけが目指しているものではない、という感触を得ています。ただ、得たいものがあるから得るために努力をする、という事が、実は一般的ではないという事実を思い出しました。 私は、物事に優先順位をつけて、優先度が高いもののためであれば低いものを切り捨てる事を、必要だと思っています。トレードオフ、というのでしょうか。得たいものがあれば、差し出す必要がある。しかも、先に出し、後に得る。これは普遍の原理原則だと思っています。が、みんな分かっているはずだけど、得たいものはあるけど差し出すつもりはない、という傲慢がまかり通ると錯覚しているのではないかと、思ってしまう事があります。 日本人は元々、自然や和を尊び、原理原則を受け入れて、それを利用することが出来ていた不思議な民族だったと思っています。だったのに、人では抗えない大きな力が自然には存在する そんな事を、忘れたか無視している部分が有るように感じてしまいます。 朝に起きたいのであれば、前夜に寝る必要がある。 これが今や、理不尽と言われる時代になってきているように感じています。 私はスーパーマンではないし、ヒーローでもないし、ヒロインでもありません。私は、村人です。村人は多くの努力をして、多くの時間を使って、少しの安心を得ます。それは普遍の事だと思っています。一方で、少しの努力と少しの時間で、大きな信頼を得られると勘違いが生まれている様に思います。いや、順番を逆に考えている人もいるように感じます。信頼してくれたなら、少しの努力と時間を使っても構わない、という様に。 私達は日本という本当に恵まれた概念に包まれていますが、村人であることを忘れれば、原理原則を歪

デンタルショーに来ています。

はつおい歯科室べいちょーです。 デンタルショーが横浜で開催されています。 朝から参加して早めに帰ろうと、横浜で宿泊。 カプセルホテルが割りと好きで、一人の旅行はカプセルホテルが多いです。 最近のカプセルホテルってお洒落ですね。 カフェみたいな雰囲気でした。 学生の頃に行った場所は、ダニに食われて痒くなったり蕁麻疹が出るような場所ばかりでした。 でも広い浴場があったりマッサージチェアがあったり漫画コーナーがあったり。 寝る場所はもっと狭かった気もします。 でも、なんだか好きな場所です。 ということで、デンタルショーに行ってまいります。

カンブリア宮殿を見て

はつおい歯科室べいちょーです。 カンブリア宮殿で「 患者ファーストを追求する 異端児ドクターの挑戦! 」という回が放送されました。 それを見て思ったことは、「これは、うちでもやってるな」「これも、うちでもやってるな」「これも、」でした。 殆どのことをうちの医院でもやっていて、レベルの高いことを出来ていたんだ!という喜びと、これで“異端児”なんだ、と違和感を覚える部分も。 普段から、患者さんの立場に立とうね。患者さんの気持ちになろうね。患者さんにとってそれはどうなの?とスタッフとも話しています。それは勤務医の時の院長からもよく言われたことで、私にとっても一番に大切にしていることです。 医院でよくある出来事 それはスタッフが同僚や上司に遠慮して、患者さんを蔑ろにする事です。「気遣い」と勘違いしているのだと思いますが。遠慮と配慮は全く別物で、遠慮は、自分を優先していて、相手や患者さんの不利益を無視した行為だと思うんですよね。人ですから、自分が大切ではありますけどね。 はつおい歯科室では、歯ブラシや歯磨き粉も積極的に伝えてね、とスタッフに話しています。それは、はつおい歯科室に置いているものが、全て自分でも使っているもので、なぜ使っているかといえば、良いものだからです。買ってもらうにはお金が発生するので、気が引ける人も多いです。が、良いものを知っているのに教えてあげないのって、裏切りのように感じるんですよね。例えお節介だとしても、嫌な顔をされたとしても、歯科医院ですから。効果的な歯磨き粉があるのに、磨きやすい歯ブラシがあるのに、伝えないのはやっぱり遠慮ですよね。 心のベクトルが、相手へ向いているか。相手のために、自分に出来ることはないか。自分に対して毎日問いかけています。

じんわり喜んでいること

はつおい歯科室べいちょーです。 先日、子どもの運動会を見に行くことが出来ました。 去年の運動会の頃に妻と息子は引っ越してきて、引っ越してすぐに運動会の見学をしていました。私は来られませんでしたが、息子も慣れない場所で端っこで静かにしていたそうです。 あれから1年。そう思うと短いような、物凄く大昔のような。 勤務医を続けていたら運動会に来るなんてまず無理だったと思います。友達とお話していたり、先生達から名前を読んでもらったり、リレーを真剣に走る息子をビデオ撮影しながら、人知れず感動しました。

そう言えば嬉しかった事をいくつか

はつおい歯科室べいちょーです。 スタッフの公募はしていないのですが、歯科衛生士さん方からご連絡を頂いたりしています。「採用はされていないのかもしれませんが…」「歯科衛生士は募集していますか?」とお電話を頂いていて、凄く嬉しいです…! 働きたい、と思ってくださるような職場を作れているのか。日々不安があります。患者さんを健康にするだけでなくて、スタッフも幸せに成れる職場にしたいと思っています。難しさを日々感じますが、そんな中で「御社で働きたい」と言って頂けるのは励みになりますし、もっと頑張らないと、と気持ちを改める機会になりますね。 雑誌やテレビなどからお話を頂くことが度々あります。有名なお名前を聞いて嬉しくは思うのですが、今のところお断りしています。患者さんにたくさん来ていただけたら、そう思うのですが、当院の受け入れ体制が整っていない様に思うんです。高望みかもしれませんが、もしも患者さんが急増してしまったりしたら、いま来てくださっている方にご迷惑がかかりそうで踏み出せません。 楽しそうではあるのですが。 文字を書くのは好きなので、本を出したいな、という野望はあります。 はつ歯ニュースを読んだ患者さんから、先生も書いたりするの?と聞かれました。全部私が書いていますよ!という応えに驚かれていました。実は毎週のように書いている「はつ歯ニュース」を見て、どこの業者に頼んでいるの?と聞かれたことがあります。私の文章は有料級ということか!と前向きに捉えて、勝手に喜んでおります。自分で書いているという返答を信じてもらえていない様でした(笑)歯科業界ですとブログやニュースレターを外注する事も多いので、その様な反応だったのかと思いますが。スタッフも書いてくれていますし、自分達で書いてますよ!! 患者さんに来てもらうには何をしたらいいだろう。そんな悩みを歯科衛生士さんに聞いてみたら「この医院なら心配しなくてもたくさん来てくれますよ。いい医院ですもん!」という答えが返ってきました。別の歯科衛生士さんからも「うちはホンットに親切です!」と言われて。凄く嬉しいです。やっているこ事はそんなに難しいことはなく、患者さんの立場に立って考えようね、というばかりです。が、スタッフからそう言ってもらえると、嬉しいですね。 私としては患者さんに来てもらいたい!という焦りがあるのですが、落ち着こう。いま来てく

ホームページをいじりたい話

イメージ
はつおい歯科室べいちょーです。 ホームページにストリートビューを埋め込みました! 簡単だから、と思っていたらずっと忘れていました。 やっぱり、明日ヤロウは馬鹿ヤロウ ですね。 ウェブのクリエーターさんって凄いですよね。 私も使いこなしたいです! ホームページの お知らせ に書きましたが、訪問診療のページを制作中です! なかなか進まないのですが、こういうのいじってるのが楽しいです。 なかなか時間も取れませんが、コツコツ触っていこうかと思います。

ゴーカートに行ってきました!!

はつおい歯科室べいちょーです。 夏休み最後の日曜日。 午前は静岡駅で講習を受けてきました。 感染対策や緊急時対応のセミナーです。 度々受けている講習ですが、凄く分かりやすく既知の情報も別の角度で知ることが出来て楽しかったです。 早速、明日からやることも見つけることが出来ました! 午後は ISK浜名湖店 さんにお邪魔してきました! Go!!カート です!! ( ISKさんホームページ ) 5歳の息子と2人乗りで楽しみました。 慣れてきたら一人でも乗れるみたいです! 本人も夢中になってしまって 「10回はやりたいねぇ」などと言うもので、また来る約束をして帰りました。 子どもの乗れるものはモーターのカートで、外から見ていると大人のジョギング位の速さです。 が、車高が低く風も受けるので、乗っている時の感覚は結構速く感じられます。 大人のカートはドリフト音も聞こえたので、結構速そう。 子どもが走るときは他のカートが走っていないので安心して楽しめました。 ありがとうございました!😊